本文へ移動

整形外科

外来診療担当

午前
午後
藤田 将太(初診)
板橋 正
前嶋 成
丹治 敦
石井 齊宜(初診)
手術
浦部 忠久
板橋 正(初診)
検査・ギブス・装具
浦部 忠久
前島 成(初診)
手術
石井 齊宜
藤田 将太
丹治 敦(初診 第1・3・5週)
輪番制(初診 第2・4週)
手術
輪番制
休診

医師紹介

参与
うらべ ただひさ
浦部 忠久
日本整形外科学会整形外科専門医-リウマチ医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
日本医師会認定産業医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション認定医
日本整形外科学会整形外科専門医
日本手外科学会手外科専門医
2018-2019Best Doctors in Japan選出
第一整形外科部長
たんじ あつし
丹治 敦
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会リウマチ医
日本整形外科学会スポーツ医
医師
ふじた しょうた
藤田 将太
医師
いしい なりよし
石井 齊宜
医師
いたばし ただし
板橋 正
医師
まえじま あきら
前島 成

診療科の案内

 三次救命救急センターを持つ当院では、多発外傷や骨折などの急性期の疾患を中心に、上肢下肢の慢性疾患まで扱っております。栃木県県南地区唯一の結核病床を持つ病院として骨関節結核の治療もおこなっております。 年間手術件数は2016年度740件であり、なかでも骨折関連が最も多く591件でした。
 手外科専門医が2名在籍しており(栃木県内に3施設)、日本手外科学会の研修施設に認定されています。手根管症候群、肘部管症候群などの神経障害や腱損傷などの手の外科関連手術は2016年度245件でした。
 人工膝関節置換術を2016年度14件、人工股関節置換術を2016年度18件おこないました。
 近年の高齢化に伴い、大腿骨頚部骨折の患者さんが急増し、2016年度209件の手術があり、人工骨頭置換術を90件行っております。手術室、麻酔科とも連携し、受傷後なるべく早期に手術を行い、元の生活に戻れるように努めております(当院のこの体制を記した論文は平成20年度の整形・災害外科の優秀論文賞をいただきました)。
2016年
2015年
2014年
年間総手術件数
740件
750件
717件
手の外科関連手術
245件
196件
216件
大腿骨近位部骨折
209件
196件
195件
人工膝関節置換術
14件
22件
29件
人工股関節置換術
18件
26件
28件
TOPへ戻る