本文へ移動

緩和ケア研修会

 足利赤十字病院では、毎年2日間にわたり当院の講堂において栃木県緩和ケア研修会を実施しております。 緩和ケア研修会の目的は・・・  「がん対策基本法」および「がん対策推進基本計画」では、すべてのがん診療に携わる医師が緩和ケアの基本的な知識・技術・態度を習得することをがん医療の重要な課題としています。そして、質の高い緩和ケアを『いつでも、どこでも』適切に提供できるようにするために、「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(略称:緩和ケア研修会)」を開催しております。
当院においては医師だけでなく看護師、コメディカル、社会福祉士等に参加していただき他職種連携の向上に努めております。この研修課程を修了すると厚労省及び栃木県から修了証が交付され、研修会で得た知識や手法が緩和ケアの普及啓発に繋がります。
TOPへ戻る