本文へ移動

呼吸器外科

外来診療担当

午前
午後
輪番制(再診予約のみ)
木下 智成(初診)
栗山 翔司
木下 智成
手術
手術
手術
手術
栗山 翔司(初診)
木下 智成
栗山 翔司
輪番制(紹介患者のみ)
休診

医師紹介

呼吸器外科部長
きのした ともなり
木下 智成
医師
くりやま しょうじ
栗山 翔司

受診をお考えの方へ

 本ホームページをご覧になられている患者さんや身内の方は、病気のことで不安を感じられておられることと思います。当科の外来では、病状や今後どのような治療の選択肢があるのかを、納得頂けるまでご相談させて頂きます。また、当院は全室個室であり、入院中も病状について周りを気にすることなくご質問頂けます。ご家族とのプライベートな時間も大切にして頂けるものと思います。
 
 当科で実際に手術を受けて頂く際には、われわれの持てる全ての知識と技術で治療に当たります。患者さんが当院に受診し治療を受けられた際には、「足利日赤にかかってよかった」と思って頂けるよう、職員一同が最善を尽くします。
 
 本ページをご参照頂き、当科に受診をお考えの際には、地域の先生からの紹介あるいは直接当科に予約の上で受診頂ければと思います。

どのような状況で当科への受診が勧められるか?

 呼吸器外科では、主に胸部の疾患(心臓・大血管・食道・乳腺を除く)の外科的治療を行います。多くは肺癌をはじめとした肺の疾患が対象となりますが、それ以外にも気管・縦隔・胸腺・胸壁・胸膜・横隔膜の良性・悪性疾患も含みます。実際には殆どの場合、何らかのきっかけで地域の先生方にまず受診し、次の項目にある対象疾患が疑われるときに、当院に紹介受診していただくことになります。
 
 また、当科では"胸部の異常陰影"という段階から患者さんをご紹介頂き、呼吸器内科・放射線科と連携し、それぞれの患者さんにとって最適な診断方法とその後の治療方法を提案いたします。
 "レントゲンの胸部異常陰影"、"人間ドックの胸部CTで発見された肺異常陰影"、"縦隔・胸壁の異常陰影"などから"生検で診断のついた肺癌"など、どのような段階からでも受診は可能です。ただし、異常陰影が健診やがん検診で判明した際には、かかりつけの医師を介して、発見からあまり時間を空けずに呼吸器の専門医に受診することをお勧め致します。
TOPへ戻る