本文へ移動

かかりつけ医

かかりつけ医とは

「かかりつけ医」をご存知ですか?
ご自身やご家族が、「風邪かな」と思われた時、ちょっとした怪我などの時、気軽に相談や診察を受けることができ、また、病状に応じて専門的な検査や治療が受けられるように適切な医療機関を紹介してくれます。
こうした地域の診療所や医院の医師等が「かかりつけ医」です。

「医療機関における役割分担」をご存知ですか?

当院では、初診時に紹介状をお持ちでない患者さんには「保険外併用療養費(¥5,000(税別))」を、医療費と別に請求させていただいてます。
現在、進められている役割分担は、日常の健康管理や病状が安定されている患者さんの診察は「かかりつけ医」と言われる診療所や医院が担当し、専門的な検査や入院が必要な治療は当院のような「急性期病院」が担当するというものです。急性期治療が終わりますと元の「かかりつけ医」へ戻ることとなります。
このように診療所や医院と病院等の連携により、それぞれの機能を生かして、お互いに協力しながら、地域全体で皆さんの健康管理をしていくことであり、栃木県医師会や足利市医師会でも推進されております。

「かかりつけ医」を持つとこんなことが考えられます!

病気の早期発見と早期治療

日頃よりご自身やご家族の診察や生活習慣など体調の管理をされているので、ちょっとした異変など気づきやすく、病気の早期発見に繋がり、早期治療が可能になります。

専門医療・高度医療の医療機関へ円滑に紹介

診察やご相談の結果、より精密な検査・入院をともなう治療が必要になった場合、専門医療機関など適切な病院を紹介してくれます。紹介された医療機関では、紹介状(診療情報提供書)により、紹介に至るまでの経緯・病状等を把握することができ、スムーズに治療を進めることが可能になります。

気軽にかかれること

待ち時間など比較的に短く、受診時の手続きも簡単です。また、ご自身やご家族の病気に限らず相談に乗ってくれます。
TOPへ戻る