本文へ移動

当院での出産を希望されている方へ

Ⅰ 妊娠・出産・育児に対する当院のポリシー

1.妊娠

妊婦健診では、妊婦さんが自分の健康状態を知り、自ら健康管理を意識できるように医師・助産師・管理栄養士が連携して支援しています。また、バースプラン等をもとに医師・助産師との対話を通じて互いの理解を深め、皆様が主体的に出産できるように努めています。

2.出産

1)家族としてのスタート
 出産は、新たな命の誕生とともに家族としての歩みのスタート地点となります。可能な限りご夫婦でお子様を迎えることができるよう、夫・パートナーの立ち合い出産を勧めております。(夫と親きょうだい2名まで)ご不明な点は、助産師までお尋ねください。

2)痛みへの対応
 出産時の痛みは「産痛」と呼ばれ、子宮が強く収縮したり、産道が開いたりする時に痛みを感じます。さらに出産に対する不安や恐怖、緊張なども深く関与する複雑な痛みです。痛みの程度や場所は分娩が進むにつれて少しずつ変わります。痛みの感じ方や分娩の進み方は個人差が大きいため、分娩開始前に予測することは困難です。分娩時の痛みのために体がこわばったり、気持ちが後ろ向きになったりすると、お産が進まなくなることがあります。当院では助産師が傍に寄り添い、分娩時の痛みや不安を和らげるケアに努めています。

3.育児

当院では、赤ちゃんにとってママと一緒にいることが何より安心で自然なことと考え、24時間母子同室を基本としております。母乳のこと、あかちゃんのお世話の仕方など、ちょっとしたことでも気軽に聞ける環境作りに努め、ママが不安にならないようにスタッフ一同サポートしていきます。なお、ママの疲労が強い時、お休みしたい時などは赤ちゃんを新生児室でお預かりしますので、お気軽にスタッフまでお声掛けください。
ママが身体も心も元気に、楽しく育児をスタートできるようお手伝いいたします。

Ⅱ 自分らしい出産を目指して

バースプラン

バースプランとは、妊婦さんの自分らしく満足できる妊娠・出産・育児を実現するために、妊婦さんの考え方や希望・要望を記載するものです。バースプランをもとに妊婦さんと医師・助産師が話し合いをすることで、妊婦さんの出産に対するお互いの理解を確認することができます。

Ⅲ 当院での出産を希望される方

1.分娩のご予約は、原則妊娠20週頃までにお済ませください。
2.里帰り分娩をご希望の方は、おかかりの病(医)院より地域連携室までご連絡をお願いいたし
   ます。
 足利赤十字病院 地域連携室 Tel:0284-20-1374(平日 9:00〜17:00)
3.分娩予約預り金:10万円(妊娠20週くらいまでにお預かりします)
4.分娩費用(経膣分娩):58万円程度+室料差額
       (帝王切開):63万円程度+室料差額
5.3.4の詳細については産婦人科外来窓口にて書面での説明を行っています。

Ⅳ 初診時の流れ:下記のとおりご受診ください

Ⅴ 助産師による面談・相談

1.妊娠初期・後期面談

妊娠初期・後期に各1回ずつ、助産師が個別にお話させていただく機会があります。診察の後、声をかけさせていただきますので、少々お時間をいただけますようお願いいたします。

この時、バースプランについて話し合います。妊娠生活のこと、出産のこと、育児のこと、入院生活のことなど、お気軽にお尋ねください。
 
また、体重管理・塩分制限に関して、必要時、個別にお話しさせて頂くことがあります。

2.助産師面談

分からないことや不安なことなどに対し、常時、助産師が相談を承っております。助産師との面談をお希望の方は、産科外来受付でお気軽にお申し出ください。

Ⅵ 母親学級

出産前教室の一環として、毎月第1土曜日、第3土曜日の計2回、午後2時~3時半、妊娠中の身体の変化や過ごし方、分娩や帝王切開についての学び、産後の身体と心の変化について、育児をイメージした生活など、盛り沢山の内容で開催しています。妊婦さん同士がお話しする機会にもなりますので、「自分だけではなかった」と情報共有できる場となっています。第3土曜日はご主人・パートナーの方の参加もできます。

Ⅶ 当院での出産・入院生活

1.出産

LD室:「LD」はLabor(陣痛)・Delivery(分娩)の頭文字をとった略語です。妊婦さんは、入院から出産後2時間までをこの部屋で過ごします。

2.入院生活

1)個室
産科病棟(東7F病棟)は全室個室とし、感染対策やプライバシーの保護に配慮しております。夜間の授乳や赤ちゃんの泣きなど、他の患者さんに気兼ねすることなく過ごすことが可能です。
なお、無料の個室もありますが、部屋内の設備等によって別途室料差額を要する部屋もあります。

2)入院中のスケジュール
​日数
0日目
(出産)
1日目
2日目
3日目
4日目
5~7日目
ママ
授乳指導
同室指導
沐浴指導・退院後の生活指導
お祝い膳
退院診察
退院
赤ちゃん
K2シロップ
内服
医師診察
(小児科)

採血
先天性異常検査
医師診察(小児科)
退院
※経膣分娩は5日目
※帝王切開は7日目
毎朝:体重測定・沐浴/清拭・黄疸検査

Ⅷ 退院後のサポート

1.母乳外来

「おっぱい足りているのかな…」「おっぱいをうまく飲ませられない」「おっぱいが痛くてどうしたらいいか分からない」などの母乳に関する疑問・不安がある場合や乳房トラブルの際にご利用ください。
また、助産師が必要と判断した場合も利用をお勧めしています。
入院中にご予約を伺います。退院後に予約をされる場合は産婦人科外来へご連絡ください。

1)対象
・当院で出産された方(他院で出産の方も予約可能)

2)費用
・3,000円(乳腺炎の場合5,000円)/他院で出産された方は5,000円

※自治体により助成が受けられる場合があります。不明な点は、お住まいの自治体窓口・外来受付でお尋ねください。

2.産褥外来(産後2週間頃)

助産師が育児についての疑問や不安にお答えし、ママと赤ちゃんの健康状態を確認します。マタニティブルーズなどに対するメンタルヘルスケアも行っています。
初産・経産に関わらず、全ての褥婦さんにお勧めしております。

※当院と契約している自治体の助成が受けられます。不明な点は、お住まいの自治体窓口・外来受付でお尋ねください。

3.電話訪問(産後2週間頃)

助産師が必要と判断した場合、ご自宅にお電話し、退院後のママの身体や育児状況についてお尋ねします。「家でこんな風にやってみたけど、これであってるかな・・・」など、ママのちょっとした疑問や不安にお答えいたします。

4.産後ケア入院

出産後、赤ちゃんが小児科に入院し、ママの入院中に育児練習を行えなかった場合、退院後の育児に不安をお持ちのことと思います。そこで、赤ちゃんの小児科退院に合わせてママに再度入院していただき、助産師がそばで見守り、病院の中という安心感のもとで育児練習をするのが産後ケア入院です。
地方自治体の業務委託を受けているため、自治体の助成が受けられます。

1)対象
・当院で出産された方で、赤ちゃんが当院小児科に入院しママのみ先に退院された方
・足利市・佐野市に住民票がある方に限る

2)入院可能期間
・最長7日間

Ⅸ 当院で出産されたママの声(アンケート調査の一例)

・先生は勿論、関わっていただいたスタッフの方々、全ての方々が丁寧に対応してくださったの
 で感謝しています。 ありがとうございました。
・入院中のケア(母乳指導等)がとても良かった。また、個室もとても綺麗で、無線LANも整備
 されており大変満足できた。


Ⅹ フォトギャラリー

1.産婦人科外来

待合室
診察室
診察風景1
診察風景2

2.産婦人科病棟

スタッフステーション
病棟廊下
LD室
新生児室
沐浴室
デイルーム
デイコーナー
授乳指導
沐浴指導
TOPへ戻る