本文へ移動

緩和ケアチーム

緩和ケアはがんの治療と並行して受けていただく医療です。「がんの治療が出来なくなってから始める医療」というのは誤解です。病気に伴う痛みや気分の落ち込み、不安などつらさを抱えたままでは治療も前向きになれません。当院は栃木県がん診療連携拠点指定病院となっています。がん患者さまの身体のつらさや心のつらさ、社会的問題への援助など、終末期だけでなく、抗がん剤治療など治療の段階でも並行して緩和ケアを受けられます。主治医と一緒に緩和ケアの専門チームが協働して、患者さまの苦痛を和らげ、前向きに自分らしい生活を維持できるようサポートしていきます。

チームメンバー

  • 身体の痛みや吐き気、息苦しさなど様々なつらい症状を緩和する医師
  • 気持ちのつらさや不眠などを緩和する精神科医
  • お薬の作用や副作用、飲みやすさの工夫などを行う薬剤師
  • がん患者さまの看護を専門とし、苦痛症状を和らげる看護ケアを提供し安心・安楽な生活を支援する看護師
  • 食べやすい食事の工夫を行う管理栄養士
  • 日常生活の維持・向上を援助し、自分で維持する方法を提案する作業療法士
  • 社会資源の情報提供や経済的な問題などについて相談を受けるソーシャルワーカー

どんなことを相談できるの?

  • 身体の痛みや呼吸苦、嘔気などつらい症状への対応
  • こころのつらさ、不安や気分の落ち込み、不眠などへの支援
  • リンパ浮腫の相談・指導
  • ご家族への支援
  • がん治療を続けながら生活するうえで、病気や生活を含めたご相談
  • 療養場所についての情報提供と連携(退院支援・PCAポンプの利用等)

緩和ケアチームに依頼するにはどうしたらいいの?

  • 入院中の患者さまとご家族が対象です
  • 主治医や病棟看護師とご相談のうえ、主治医に依頼書を作成してもらいます
TOPへ戻る