より精微で低侵襲な手術を可能にする
手術支援ロボット
da Vinci Xi
手術支援ロボットda Vinciとは
 アメリカの米国インテュイティブサージカル社が開発した手術用ロボットです。
 サージョンコンソールという機器に座った術者が立体視を可能にする3D内視鏡と複雑な手の動きを再現するロボットアームを遠隔操作し、精緻な内視鏡手術を可能にする高精細な機械です。人間の手では可動域に限りがある中で、da Vinciを使用して手術を実施することで、より繊細かつ丁寧な手術をすることが可能となります。
 当院では、最新機種であるXi(第4世代)が導入されています。
da Vinciを使用するメリット
① 傷口が小さく、出血量も少ない
内視鏡や鉗子を挿入するため、5-12mmの傷のため、小さな傷で手術を実施することができます。そのため、開放手術に比較して出血が少なくなります。
術後の疼痛が少なく、回復も早い
内視傷口が小さいため、傷の痛みは少なく、術後の回復は早い傾向にあります。そのため、比較的早く日常生活に復帰することが可能となります。(回復状態には、個人差があります)
③ 正確な患部の切除
3Dビューアの3D画像により、術者は解剖構造を10倍まで拡大して、高解像度かつ自然な色調で見ることができるため、精細で、より正確な手術を実施することが可能となります。
da Vinci手術の保険診療について
平成30年4月に行われた診療報酬改定で、ロボット支援下内視鏡手術12件が保険適用となりました。
 
●前立腺がん               ●腎臓がん               ●縦隔がん(悪性腫瘍、良性腫瘍)
●肺がん(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)  ●食道がん               ●胃がん
●直腸がん                ●膀胱がん               ●子宮体がん
 
※指定された施設基準を満たしている病院でのみ保検診療が可能となります。
当院で保険診療が可能な診療科、病名は以下のとおりです。
・胃がん
・肺がん
・縦隔がん(悪性腫瘍、良性腫瘍)
関連診療科のご案内
詳しくは、関連診療科までお問い合わせください。
外科
呼吸器外科