本文へ移動

後期臨床研修医募集(シニアレジデント)

募集にあたって

足利赤十字病院は、平成8年4月に厚生労働省臨床研修指定病院として指定を受けていますが、平成16年度からの2年間の初期臨床研修の必修化に伴い、大幅に臨床研修プログラムを改定しています。
臨床医として十分な能力を習得するためには、卒後2年間の初期研修のみでは不十分であり、更に数年の後期研修を受けることが望ましいと考えられます。その趣旨から当院では従来から後期研修システムを行っていますが、今回、より充実した内容に改変すると同時に、一般公募により後期臨床研修医を採用することにいたしました。公募対象は、当院及び他医療機関で初期研修を終了した医師、或はそれに準ずる能力を有する医師です。
後期研修では、希望する各診療科に所属し研修を行っていただきます。研修期間は2年から4年で、各診療科の後期研修プログラムや希望により異なります。当院各診療科で充実した指導体制と研修内容を提供し、多くの専門医資格を取得することが可能です。地域中核病院においては、診療科ごとに専門医による診療が義務付けられるようになってきました。そこで、当院で専門医を取得するための研修、セミナー、取得のための手続き等については、全面的にサポートしております。今後は、専門医資格、手技、知識を持った人格的にも豊かな医師を育成し、関連大学が切望する医師を逆に大学側へ派遣するシステムも考えております。
更に専門領域の中で特化した研修や研究、学位取得を希望する場合には、大学(慶應義塾大学等)などと協力して適切な場所と機会を提供するシステムも構築中です。具体的には、後期研修中に、大学等での研修、研究を可能にする予定です。希望があれば大学等の医局に所属し、研修を行うことも調整中です。
また、全国の赤十字病院に横断的な後期研修システムの構築も考案されており、将来的には当院後期研修中に他の赤十字病院で研修することも可能となる予定です。
更に、赤十字病院の特色である国際救援医療についても、ERU(緊急対応ユニット)基礎・専門研修、国際救援・開発協力要員養成等のプログラムを構築中で、一般臨床研修と異なる診療経験を積み、より幅広い診療能力を習得する機会を持つことが可能です。

本院の特徴

555床・24の標榜科と、栃木県南部で唯一の三次救命救急センターを有する中核病院である。豊富な症例があり、学術的な活動にも積極的に取り組んでおり、研修医のみならず専門医にとっても、充実した研修や診療活動を行うことが可能である。

後期臨床研修医募集要項

応募資格
初期臨床研修を修了する卒後3年目以降の医師で、各科の認定医・専門医等を目指す方 (平成16年以前の卒業者は、卒後2年間の研修内容は問いません)
募集診療科
一般内科(神経内科・消化器内科・呼吸器内科・腎臓内科・リウマチ及び膠原病内科・糖尿・代謝及び内分泌・血液及び腫瘍内科)、循環器内科、精神神経科、一般外科(乳腺外科・消化器外科・肝胆膵外科)、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、整形外科(リハビリ含む)、形成外科、小児科、産婦人科、放射線科、泌尿器科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉・頭頸部外科、緩和ケア内科、救急科
募集人員
各診療科:若干名
採用日
随時
研修期間
2年~4年(各診療科により異なります)
身分及び待遇
  • 日本赤十字社 常勤職員(足利赤十字病院 常勤医師)
  • 日本赤十字社 職員給与要綱による(卒後3年目の場合、本俸、賞与、当直及び時間外等を含み、年収約1,000万円~1,400万円)
  • 医師宿舎有り
応募締め切り
随時募集
提出書類
履歴書、医師免許証の写し
採用試験日
随時
採用方法
書類審査・面接
合否発表
採用試験終了後、1週間以内に本人へ連絡します
書類提出先
および
問い合せ先
栃木県足利市五十部町284-1
足利赤十字病院 院長室(担当:院長 小松本 悟)
TEL: 0284-21-0121(代表) FAX: 0284-22-0225
E-mail:komatsumoto@ashikaga.jrc.or.jp
TOPへ戻る