トップページ > 診療科のご案内 > 形成外科

診療科のご案内

形成外科

医師紹介

形成外科副部長 いまにし まさや
今西 理也
日本形成外科学会専門医
医師 いしづか のりゆき
石塚 紀行
 

診療科の案内

「形成外科」と聞いてもどのようなことをやっているのか、具体的なイメージがつかないかも知れません。簡単に表現すると「様々な原因による形態異常の改善を行う体表の外科」です。しかし、その疾患対象は非常に広く、先天性形態異常、外傷・熱傷、腫瘍(悪性腫瘍切除後の再建を含む)、瘢痕・ケロイド、難治性潰瘍と、まさに赤ちゃんからお年寄りまで、頭の先から足の先まで多岐にわたります。
形態の障害は、多くは整容面のみならず機能の障害をも伴い、生活の質Quality of Life(QOL)にかかわってくることが多いものです。形成外科は専門的な知識と技術をもって、少しでも患者さんの生活の質を高めてゆくことが求められている科であるのです。
また、最近では日常的なけがによる急性創傷から、治りにくい褥瘡や放射線潰瘍などの慢性創傷までを、正しい知識をもってきれいに早く治し、また治癒後の瘢痕を適切に管理できる「きず・きずあとの専門家」としての役割も形成外科に求められております。
当院の形成外科は平成21年(2009年)4月1日より常勤の診療科として正式に開設されました。まだまだ新しい科ですが、平成22年(2010年)4月からは常勤医が2名となり、症例数が大幅に増え、平成23年(2011年)には日本形成外科学会の教育関連施設に認定されるまでになりました。しかし、いまだ認知度が低く十分な治療を受けられずにいる患者さんが多いのも事実であります。さらに情報を広めてゆくこともこれからの当科の課題と考えています。
当科では、その時点で存在する創だけではなく、創が治癒した後も引き続き経過観察を行い、適切なケアやアドバイスができる様配慮しております。「きず・きずあとの専門家」としても地域の皆さまに貢献できるような形成外科を目指していきます。

非常勤医師のご紹介

週3回の手術日(月、水、金)には獨協医科大学形成外科学教室から非常勤医師も来ています。

非常勤医師 あさと ひろたか
朝戸 裕貴
獨協医科大学形成外科学教授
日本形成外科学会専門医、理事
日本形成外科学会認定皮膚腫瘍外科指導専門医
日本頭蓋顎顔面外科学会専門医、評議員
日本創傷外科学会専門医、理事
専門分野: マイクロサージャリー、顔面神経麻痺、耳介の形態異常
非常勤医師 ふくだ のりお
福田 憲翁
獨協医科大学形成外科学学内助教
日本形成外科学会専門医
日本創傷外科学会専門医
日本熱傷学会専門医
非常勤医師 わたなべ みきこ
渡邉 未来子
獨協医科大学形成外科学在籍(学内助教)
日本外科学会専門医

対象疾患

対象疾患を大まかに分類すると、先天性形態異常、外傷・熱傷、腫瘍(悪性腫瘍切除後の再建を含む)、瘢痕・ケロイド、慢性・難治性皮膚潰瘍 となり、以下に示すものが代表例です。

先天性形態異常

唇裂、口蓋裂、顎裂骨移植、鼻咽腔閉鎖機能不全、合指症、多指症、その他の四肢異常、頭蓋骨縫合早期癒合症、顔面裂、先天性眼瞼下垂症、小耳症、副耳、耳垂裂、耳(前)瘻孔、埋没耳、その他の耳介異常、第一第二鰓弓症候群、正中頸嚢胞、側頸嚢胞、漏斗胸、鳩胸、ポーランド症候群、副乳、臍突出症、臍ヘルニア、尿道下裂 など

外傷・熱傷

顔面挫創、顔面神経損傷、涙道損傷、唾液腺損傷、頭蓋・顔面骨欠損、前頭骨骨折、鼻骨骨折、鼻篩骨骨折、眼窩底骨折、頬骨骨折、上下顎骨骨折、四肢挫創、四肢切断、手指腱断裂、爪甲剥離・脱臼、小範囲熱傷、広範囲熱傷、電撃傷、化学熱傷、熱傷後遺症、凍傷 など

腫瘍(悪性腫瘍切除後の再建を含む)

色素性母斑、扁平母斑、太田母斑、脂腺母斑、表皮母斑、単純性血管腫、動静脈奇形、リンパ管腫、母斑症、脂肪腫、粉瘤、耳下腺腫瘍 、扁平上皮癌、基底細胞癌、悪性黒色腫、頭頸部癌術後の再建、乳房再建  など

瘢痕・ケロイド

外傷後の創瘢痕、熱傷瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、外科・婦人科手術後の手術瘢痕、ケロイド体質、ピアスケロイド など

慢性・難治性皮膚潰瘍

外傷性皮膚欠損創、糖尿病性潰瘍、皮下膿瘍、慢性膿皮症、下腿潰瘍、褥瘡 など

その他

眼瞼下垂症、顔面神経麻痺、顔面片側萎縮症(ロンバーグ病)、毛巣洞、陥入爪、腹壁瘢痕ヘルニア、リンパ浮腫、 陥没乳頭、腋臭症、禿髪 など

診療実績・業績

平成23年(2011年)手術件数 【平成23年1月1日~12月31日】

熱傷、化学損傷 4 四肢の先天異常 3
顔面軟部組織損傷 63 体幹・その他の先天異常 1
顔面骨折 16 良性腫瘍 160
頭部・頸部・体幹の外傷 3 悪性腫瘍、およびその再建 43
上肢の外傷 29 瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 17
下肢の外傷 9 難治性潰瘍 25
唇裂・口蓋裂 1 その他 47
頭蓋・顎・顔面の先天異常 12    
合計 433

平成23年(2011年)学会発表 【平成23年1月1日~12月31日】

当科における正中部腹壁瘢痕ヘルニアに対する手術法

髙田悟朗、朝戸裕貴、福田憲翁 他
第16回形成外科手術手技研究会【高槻・平成23年(2011年)2月】

上肢露出部の小範囲熱傷における頭皮を採皮部としたシート状分層植皮術の検討

福田憲翁、朝戸裕貴、髙田悟朗 他
第37回日本熱傷学会総会・学術集会【東京・平成23年(2011年)6月】

腱、骨の露出を伴う足関節部化学熱傷に対して人工真皮「インテグラ®」を使用した1例

髙田悟朗、福田憲翁、朝戸裕貴 他
第37回日本熱傷学会総会・学術集会【東京・平成23年(2011年)6月】

肋軟骨の癒着性に関する組織学的検討

福田憲翁、朝戸裕貴、鈴木康俊 他
第29回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会【東京・平成23年(2011年)11月】

骨髄異形成症候群に合併した頭部硬膜外無菌性膿瘍の治療経験

田村亮介、福田憲翁、朝戸裕貴 他
第29回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会【東京・平成23年(2011年)11月】

衛生材料エスアイエイド®の使用経験

福田憲翁、朝戸裕貴、田村亮介 他
第14回とちぎ形成外科懇話会【宇都宮・平成23年(2011年)12月】

リンパ浮腫用弾性装具を用いた手の外傷・手術後肥厚性瘢痕の予防

福田憲翁、浦部忠久、朝戸裕貴
日手会誌27巻:836-839ページ【平成23年(2011年)】

銀含有ハイドロファイバー創傷被覆材の特性を生かした新鮮熱傷創の治療

福田憲翁、朝戸裕貴、髙田悟朗 他
熱傷37巻:44-50ページ【平成23年(2011年)】

このページの先頭へ