トップページ > 心臓血管病センター 沼澤洋平先生の臨床研究論文が英文誌American Journal of Cardiologyに掲載されました

お知らせ

沼澤洋平先生の臨床研究論文が英文誌American Journal of Cardiologyに掲載されました

論題

Relation of Baseline Hemoglobin Level to In-Hospital Outcomes in Patients Who Undergo Percutaneous Coronary Intervention (from a Japanese Multicenter Registry).

著者

Numasawa Y, Ueda I, Sawano M, Kuno T, Kodaira M, Noma S, Suzuki M, Miyata H, Fukuda K, Kohsaka S.

発表

Am J Cardiol. 2018 Mar 15;121(6):695-702.

 筆頭著者の沼澤先生らは慶應関連病院循環器病研究会(KiCS)が運営する多施設心臓カテーテル治療(経皮的冠動脈形成術:PCI)レジストリーのデータを解析し、治療前のヘモグロビン値と治療後の合併症との関連についての研究を行いました。

 世界保健機関(World Health Organization: WHO)の定義によると、血中ヘモグロビン値が男性では13.0g/dL未満、女性では12.0g/dL未満であると「貧血」と診断されます。驚くことに日本で2008年から2016年に心臓カテーテル治療を受けた13,010人のうち、男性の31.4%、女性の45.6%が手術前に「貧血」と診断されるヘモグロビン値を有していたことが判明いたしました。
 さらに治療前のヘモグロビン値が低い症例ほど治療後の合併症発生率、院内死亡率、出血率が統計学的に有意に高いことが判明いたしました。男性、女性、急性冠症候群患者、安定冠動脈疾患患者といった各患者群にわけて同様の統計解析を行いましたが、やはりこれらのどの患者群においても同様の傾向が見られることが確認されました。
 この研究結果から、心臓カテーテル治療を受ける際には治療前のヘモグロビン値に応じて治療後のリスクの層別化を行う必要があります。

この論文は海外の英文誌であるAmerican Journal of Cardiologyの2018年3月15日号に掲載されました。

このページの先頭へ