トップページ > 熊本地震災害 熊本赤十字病院への第5次支援へ医師・看護師を派遣

お知らせ

松田圭央医師 ウガンダ共和国へ2回目の派遣

 4月21日~25日の松田圭央医師による熊本赤十字病院への第1次支援に続き、5月11日(水)~15日(日)までの5日間、第5次支援として、救急科 吉田 直人 医師 と 長谷川 雅史 看護師 の2名を派遣しました。主に救命救急センターや病棟での診療を行っております。
 吉田先生の報告によると、初日の8時~20時までの救命救急センター支援では、受け持ち救急車21台、CPA3件、くも膜下出血1名、脳梗塞4名、急性硬膜外血腫1名、急性心筋梗塞3名、交通外傷6名、てんかん発作1名、子宮外妊娠1名、誤嚥性肺炎1名、ウォークイン1名、避難所からの急性咽頭炎1名とのことでした。今後も二交代制での支援が15日まで続きます。


         

このページの先頭へ