トップページ > 栃木県・群馬県・埼玉県初 ロボット支援胸腔鏡下縦隔腫瘍手術の保険適応施設として当院が認定されました

お知らせ

 これまでの当院・呼吸器外科の診療実績が認められ、平成31年1月より呼吸器外科で実施している以下の術式が当院で保険診療として行える旨を厚生労働省 関東信越厚生局から承認を得ることができました。この保険の施設基準を満たしたのは栃木県・群馬県・埼玉県では足利赤十字病院が初めてとなります。

ロボット支援胸腔鏡手術は、3Dの高精細カメラと自在に動く性能の良い鉗子などを備えた手術支援ロボットを用いる最先端の低侵襲(からだに優しい)手術です。今後も縦隔腫瘍や肺癌などの胸部の腫瘍でお困りの患者さんの力になるべく、最新の機器を用いたロボット支援手術を地域の皆さまに提供して参ります。

    

 

        


このページの先頭へ