トップページ > 看護部のご案内 > 赤十字救護員養成研修

看護部のご案内

赤十字救護員養成研修

 赤十字の使命は災害時の救護活動にあります。研修では、赤十字救護員として必要な知識・技術を習得することを目的とし、4段階による研修体制で実施されています。すべての研修を修了した人は、救護員として認定されます。

 

 災害救護活動は、赤十字としての本来の使命に基づいた重要な活動です。当院にも赤十字救護班3個班が整備されています。これまでに新潟中越沖地震、東日本大震災、関東・東北豪雨災害、熊本地震等医療救護班を派遣し救護活動を実施してきました。


 

研修項目(4段階)
基礎研修Ⅰ 赤十字概論、災害救護概論
基礎研修Ⅱ 救護員に必要な基本的実技、災害救護演習Ⅰ、日本赤十字社救急法救急員養成講習
集合研修 赤十字概論、災害救護概論、救護員に必要な基本的実技、災害救護演習Ⅱ
こころのケア研修 災害時のストレス、被災者のケア、救護員のケア
このページの先頭へ