トップページ > 人間ドック

人間ドック

人間ドック

健診センター長紹介

健診センター長 すがや ひとし
菅谷 仁
日本人間ドック学会認定医・専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会消化器専門医・指導医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医

人間ドックについて

人間ドック

 当院では、成人の方を対象とした、総合健診の1日人間ドックを開設しております。40歳を超えると、癌・脳血管障害・心臓病・肝臓病・糖尿病・高血圧・脂質異常症等の生活習慣病が起こりやすくなります。これらの病気は、本人が気付かなくても進行している例がよくあります。
 当院ドックでは、定められた項目以外にも、より詳細に調べるオプションも選ぶことができます。また、ドックで異常のあった場合には、ご希望があれば当院での診療が可能です。
 日頃健康に自信をお持ちの方でも、定期的に健康診断を受け、病気に対する予防や、早期発見に役立てるため、人間ドックのご利用をお勧めいたします。

申込み・受付

予約制ですので、直接人間ドック窓口(健診棟2階)か、お電話にてお申込みください。

電   話 0284-20-1306
受付時間 午前9:00~午後5:00(月~金曜日)
午前9:00~午前12:30(第1・3・5土曜日)

人間ドック受検日

男性 受検日 月曜日・金曜日・火曜日(不定期)
受付時間 午前8:00~午前8:20
女性 受検日 火曜日(不定期)・水曜日
受付時間 午前8:00~午前8:20

料金表

男性(胃内視鏡) 49,000円(税別)
男性(胃透視) 39,000円(税別)
女性(胃内視鏡) 55,000円(税別)
女性(胃透視) 45,000円(税別)

検査項目と目的

区分 検査項目 目的
問診・診察 内科医師による既往歴・現在の症状等の問診・診察・血圧測定 既往歴・自覚症状と状態のチェック
質問票 特定健診質問票22項目を含む  
身体計測 身長・体重・肥満度・BMI・腹囲 肥満の度合いを調べる
心電図検査 心電図(標準12誘導) 心臓病を調べる
肺機能検査 肺活量・%肺活量・1秒量・%1秒量・1秒率 肺の働きを調べる
胸部X線検査 胸部X線2方向
オプションで胸部CT検査(X線断層撮影)に変更も可能
肺結核・肺癌等の肺の病気を調べる
心臓病・大動脈疾患などの胸の病気を調べる
血液型 ABO式・Rh式(初回のみ) 血液型を調べる(初回のみ)
血液一般検査 赤血球数・ヘモグロビン・ヘマトクリット・血小板数・白血球数
血清鉄(女性のみ)
貧血・感染症・中毒疾患・その他の血液疾患の有無を調べる
貧血を調べる
肝機能検査 総蛋白・アルブミン・
AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GTP・総ビリルビン
肝臓病・その他の疾患を調べる
血中脂質検査 総コレステロール・LDLコレステロール・HDLコレステロール・LDL/HDL・中性脂肪 動脈硬化の原因となる脂質異常症の有無を調べる
尿酸 尿酸値 痛風の有無を調べる
糖尿病検査 尿糖・血糖・HbA1C 糖尿病の有無を調べる
尿および腎機能検査 尿(比重・pH・蛋白・糖・潜血・ケトン体・ウロビリノーゲン・沈査)・クレアチニン・eGFR 腎臓の病気の有無を調べる
血清検査 CRP
HBs抗原・HCV抗体
梅毒反応(梅毒脂質抗原使用法)
炎症や各種の慢性疾患の有無
B型肝炎・C型肝炎の感染の有無
梅毒の感染歴の有無を調べる
検便 潜血検査(ヒトヘモグロビン法) 大腸の病気(癌など)の有無を調べる
腹部超音波検査 超音波診断装置による 肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓・その他の病気の有無を調べる
上部消化管検査 原則として胃内視鏡検査ですが、胃X線透視検査も選ぶことができます 食道癌・胃癌・胃潰瘍・十二指腸潰瘍等を調べる
眼科診察・検査 視力検査(裸眼/眼鏡・コンタクト)・眼底カメラ(両側)・眼圧測定 白内障・緑内障・糖尿病による網膜症・動脈硬化等の有無を調べる
聴力検査 オージオメータ 1000Hz・4000Hz 聴力検査
乳腺 乳房X線撮影(2方向)(女性のみ) 乳癌の有無を調べる
婦人科 内診・子宮頸管細胞診(女性のみ) 子宮頸癌の有無を調べる
総合診断 医師との面接 健診結果の成績表による診断および生活指導

オプションのご案内

オプション項目
(検査内容)
料金(税別) 検査のご説明
頭部MR検査
(MRI・MRA)
38,000円 脳血管障害(脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血など)は、悪性腫瘍・心筋梗塞に次いで死亡原因の第3位を占めており、その危険因子の早期発見、適切な予防は極めて重要です。脳腫瘍についても治療後の機能回復の点から、早期発見の重要性は言うまでもありません。MR検査は、脳内および頸部の動脈の状態(造影剤は必要ありません)、脳内の詳細な検索により、これらの検出に非常に有用です。当院では最新鋭の装置により撮影した画像を神経放射線専門医が判定いたします。ただし頭部MR検査では、現在の医学で対応法が定まっていないような異常結果が出ることもありますので、この点を御了承の上、オプションをお申し込み下さい。
胸部CT検査
(胸部X線断層撮影)
12,000円 肺がんは臓器別死亡数において、男性第1位、女性第2位を占めており、年々増加傾向にあります。早期に発見できれば、手術による根治も可能ですが、通常の胸部X線撮影では、心臓に重なる病変や、小さな病変の発見は困難な場合も少なくありません。CT検査は、これらX線撮影では発見が難しい病変の検出にも大変有用です。特に喫煙歴の長い方や、親族に肺がんの多い方など、肺がんリスクの高い方にお勧めいたします。当院では最新の装置を用いて高解像度の撮影を低線量で行い、放射線科専門医が判定いたします。
喉頭検査
(喉頭ファイバースコピー)
(喉頭ストロボスコピー)
10,000円 〝しゃべること〟〝ものを飲み込むこと〟は日常生活においてとても重要な機能のひとつです。風邪・声の使いすぎなどによって〝声がれ〟をおこすことがありますが、〝声がれ〟が何日も、何ヶ月も続く場合には、声を出す声帯にポリープ、あるいは癌ができている可能性があります。
特に、タバコ・飲酒の多い方は、のどの癌になりやすいと言われていますが、タバコ・飲酒をされていない方でも、声帯やのどに癌ができることもあり、この場合には声がれの症状がでにくいので、知らないうちに癌が進んでいることもあります。
一般に喉頭癌・咽頭癌は初期であればレーザーなどを使い、声を残して治すことが可能です。
甲状腺検査
(TSH・FT4・
サイログロブリン・
甲状腺超音波検査)
5,000円 甲状腺は頸部の中央下方にある代謝、循環を調節するホルモンをだす臓器です。ホルモンの量が多すぎたり、少なすぎたりする機能性病変、あるいは良性、悪性を含めた腫瘍ができることがあります。
いずれの病気も徐々に進行する場合が多くありますが、簡易な血液検査、超音波検査で発見が可能です。
のどに違和感がある場合、甲状腺に病気がある場合もあります。
耳鼻咽喉科診察
(耳鼻科医師による診察)
(オージオメータ)
3,000円 耳・鼻・咽頭・喉頭を直接診察いたします。
また、聴力についてもすべての高さの音のチェックをいたします。
ピロリ菌検査
(ヘリコバクター
ピロリ抗体IgG)
(血液検査)
1,600円 ヘリコバクターピロリ菌が胃にいると胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍を起こし易いことが知られ、また一部の感染者では胃癌との関連が示唆されています。
血液でピロリ菌がいるかどうかをみる検査です。以前に陰性であれば受ける必要はありません。
前立腺癌検査
(PSA検査)
(男性のみ)
2,800円 前立腺は高齢者特有の癌でアメリカでは罹患率で第1位、死亡率も肺癌に次いで第2位を占めています。日本でも前立腺による死亡数は急増し早期発見等の対策が必要とされています。前立腺癌の診断には①直腸内触診②PSA検査③経直腸的前立腺超音波検査などがあります。
最近では、PSA検査が前立腺癌の発見(特に早期発見)に最も優れているといわれています。前立腺癌は早期に発見されれば根治も可能な癌です。前立腺癌の早期発見のため、50歳以上の方は、是非一度検査を受けることをお勧めします。
子宮体癌検査
(子宮内腔細胞診)
(女性のみ)
6,000円 子宮体癌検査は、定期検診の項目にはいっていないことが多いものです。
年齢が若いから癌にならないとか、生理が順調だから、あるいは不正出血がないから癌でないということはいえません。
生理以外の出血や、閉経後出血(1年以上生理がなく出血した場合)などがある方や、1年以上癌検診を受けていない方は、癌検診を受けることをお勧めします。
乳腺超音波検査
(女性のみ)
3,600円 乳癌は、毎年増加しており、女性の癌罹患率では第1位です。そして体表にできる癌であり、約8割は腫瘤として触知できると言われております。したがって1年1回の癌検診は必須であり、また、その間の自己検診が大切であることは言うまでもありません。視触診のみの検診では、異常を指摘できない場合もあり、乳房X線検査が主流となっておりますが、超音波検査を併用した方がより有効であることは明白であります。乳癌は、早期に発見されれば根治も可能です。
オプションとなっておりますが、超音波検査も是非受けることをお勧めします。
骨密度検査
(骨塩定量検査)
(女性のみ)
3,600円 女性の「骨の健康」は、女性ホルモンの変化に大きく影響を受けています。
閉経を迎えると、女性ホルモンは急激に低下し、更年期障害や骨粗鬆症などの女性特有の疾患にかかりやすくなります。骨量や骨密度は閉経以降に急激に減少し、閉経後10年間で20%も減少します。骨自体の大きさは変わらないのに、中身が軽石のように弱くなってしまう状態になります。
骨粗鬆症は、症状がないため骨折する前に骨密度検査を受けましょう。
このページの先頭へ