トップページ > 医療安全

医療安全

医療安全

足利赤十字病院医療安全指針(抜粋)

基本理念・方針

入院センター

医療事故は、いつ・どこででも起こりうるものと、常に日常の中で危機意識を持ち業務にあたり、患者に安心して医療を受けていただく努力が求められる。患者への安全確保は、我々医療従事者全員に課せられた責務であり、その期待に応えなければならない。そのために、当院においては院長をトップとして次のことを理念及び基本方針として医療事故防止に取組む。

医療安全推進室

医療安全推進室の設置

医療安全推進室は、足利赤十字病院における医療の質の向上を図る観点から、院内における医療事故防止対策、医療相談、医療紛争を一元的に統括し、これらを効率的に対応する目的として設置する。

医療安全管理委員会

医療安全管理委員会の設置

院内におけるインシデントおよびアクシデント事例を検討し、医療事故防止とその再発防止に努めることを目的として、病院に医療安全管理委員会を設置する。

安全管理のためのマニュアルの整備

安全管理マニュアル

安全管理のため、当院において以下のマニュアルを整備する。

医療安全管理のための研修

医療安全管理のための研修の実施

事故発生時の対応

救命措置の最優先

医療側の過失によるか否かを問わず、患者に望ましくない事象が生じた場合には、可能な限り、まず、病院の総力を結集して、患者の救命と被害の拡大防止に全力を尽くす。
また、院内のみでの対応が不可能と判断された場合には、遅滞なく他の医療機関の応援を求め、必要なあらゆる情報・資材・人材を提供する。

院長への報告
患者・家族・遺族への説明
このページの先頭へ